要求事項(7項):ISOの窓

HOME >> 要求事項(7項)

要求事項(7項)に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
要求事項(7項)に関する記事をお持ちの方や 要求事項(7項)関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

回収(7.10.4)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.10項「不適合の管理」: 7.10.4項「回収」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。 引渡し後に、安
corydoras2007 03 22 53

安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.10項「不適合の管理」: 7.10.3項「安全でない可能性がある製品の取扱い」: 7.10.3.3「不適合製品の処理」に
corydoras2007 03 20 45

安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
7.10.3.2「リリースのための評価」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。 不適合により影響を受けた製品の各ロットは、下記の条件のいずれかが適用される場合に限り、安全なものとしてリリース(次工程への引渡し又は出荷)されること。
corydoras2007 03 19 11

安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.10項「不適合の管理」: 7.10.3項「安全でない可能性がある製品の取扱い」: 7.10.3.1「一般」においては、以
corydoras2007 03 13 39

是正処置(7.10.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.10項「不適合の管理」: 7.10.2「是正処置」においては、以下のようなことが要求されています。 オペレーショ
corydoras2007 03 07 17

修正(7.10.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.10項「不適合の管理」: 7.10.1「修正」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。 組織は、CCPの許
corydoras2007 03 05 04

トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.9項「トレーサビリティシステム」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。 組織は、製品のロット及
corydoras2007 02 28 22

検証プラン(7.8)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
corydoras2007 02 27 21

PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.7項「 PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新」においては、以下のようなことが要求されていま
corydoras2007 02 25 32

モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.6 項「HACCPプランの作成」: 7.6.4項「 モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置」においては、以下の
corydoras2007 02 22 33

重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.6 項「HACCPプランの作成」: 7.6.4項「 重要管理点のモニタリングのためのシステム」においては、以下のような
corydoras2007 02 21 18

重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.6 項「HACCPプランの作成」: 7.6.3項「 重要管理点の許容限界の決定」においては、以下のようなことが要求され
corydoras2007 02 20 19

重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.6 項「HACCPプランの作成」: 7.6.2項「 重要管理点(CCP)の明確化」においては、以下のようなことが要求され
corydoras2007 02 19 07

HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.6 項「HACCPプランの作成」: 7.6.1項「 HACCPプラン」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。 HACC
corydoras2007 02 16 00

オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
各オペレーションPRPsで管理すると決めた食品安全ハザードについての管理手段を実行するための手順について、文書化することが求められています。またオペレーションPRP(以降OPRPと略)について、上記のa)からf) までの内容を含め規定することが要求されています。この手順には、以下等を織り込むことが必要です。a) 食品安全ハザードについての記述。
corydoras2007 02 15 04

管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
7.4.3のハザード評価で管理が必要と判断したハザードについて、許容水準を逸脱しないために、予防、除去又は低減できる管理手段の組合せを選択することが求められています。管理手段については、すでに7.2.3項、7.3.3.1項のa)、d)、e)、f)、7.3.3.2項のb)からg)、7.3.5.1項、7.3.5.2項などで示された中から選択することになります。選択した各管理手段は、上記のa)~g)の各項目を考慮し、オペレーションPRPとHACCPプランに分類することが必要です。8.2項「オペレーションPRP及びHACCPプランに組みこむ管理手段の実施に先立って、及び管理手段のいずれかの変更後に、組織は次の事項のバリデーション行うこと」が求められています。
corydoras2007 02 14 26

ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
この要求事項は、先の7.4.2項:「ハザードの明確化及び許容水準の決定」において明確化されたハザードについて、食品安全の観点から、組織での管理が必要かどうかを経験や外部情報等に基づいて判断する要求項目になります。この要求項目は、Codex委員会のHACCP手順の6で原則の1の「ハザード分析」に対応します。その方法としては、食中毒などの食品安全ハザードが発生する可能性について考え、その原因となるハザードについて、それがどんな性質を持っているか、またそれがどこで持ち込まれ、増加するのか、さらには、それがどのような人の健康にどのような重大な悪影響をもたらすのか、そして、その発生要因や防止策は何かを科学的根拠に基づいて明確にすることが必要です。
corydoras2007 02 13 10

ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.4 項「ハザード分析」: 7.4.2項「ハザードの明確化及び許容水準の決定」においては、以下のようなことが要求
corydoras2007 02 08 40

ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
この要求事項は、Codex委員会のHACCP原則適用のための手順6およびHACCP7原則の第1原則の「危害分析」に対応します。「食品安全ハザード」(食品安全危害とも言う)とは、ISO22000において、以下のように定義されています。(3.3項)「健康への悪影響をもたらす可能性がある。食品中の生物的、化学的又は物理的性質又は食品の状態」 。 ここの要求項では食中毒などの健康への悪影響をもたらす食品安全ハザード(生物的、化学的、物理的)の発生の可能性について考え、その原因となる危害原因物質について、どこで発生・増加するのか、その発生要因や防止策は何かを科学的根拠により明確にすることが要求されています。
corydoras2007 02 07 11

エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
ハザード分析を実施する前に必要な評価ができるような管理手段の記述を行うことが要求されています。管理手段とは、ISO22000:2005規格の3項で『食品安全ハザードを予防もしくは、除去またはそれを許容水準まで低減するために使用できる処置または活動』と定義されています。この要求事項に対応するためフローダイアグラムと対比できる「製造工程表」または、「工程管理表」などの工程と管理手段をマトリックスにした表にまとめます。管理手段の記述には、プロセスのパラメータ(例えば、温度、時間、水分、塩分、pH、残留塩素濃度、圧力、比重、糖度、酸化還元電位)などの許容範囲、要求される精度、検査の条件、関連する手順なども含まれます。工程ごとに5W1Hで明確に記述しておくことが必要です。
corydoras2007 02 06 08

フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
この要求事項は、Codex委員会のHACCP手順の4「製造工程一覧図の作成ほか」に相当します。フローダイアグラムは、各原材料の受入から始まって製品の出荷に至るまでの時系列的な流れの順序に行われる作業や工程を列挙してその工程のつながりが分かるような製造工程図としてまとめたフロー図になります。このフローダイアグラムを作成する目的は、ハザード分析をおこなうためで、食品安全ハザード(生物学的、化学的、物理的)の発生、増大、持込みなどが評価できるようにということです。それに関わる情報に特に注意した上で、製品又は工程の種類ごとに作成します
corydoras2007 02 05 53

意図した用途(7.3.4)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」: 7.3.4項「意図した用途」においては、以下のようなことが
corydoras2007 02 02 33

最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」: 7.3.3項「製品の特性」: 7.3.3.2項「最終製品の特性」
corydoras2007 02 01 29

原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」: 7.3.3項「製品の特性」: 7.3.3.1項「原料、成分及び製品
corydoras2007 01 31 20

食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」 7.3.2項「食品安全チーム」においては、以下のようなことが
corydoras2007 01 30 14

ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」 7.3.1項「一般」においては、以下のようなことが要求されてい
corydoras2007 01 29 56

前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.2 項「前提条件プログラム(PRPs)」 7.2.3項においては、以下のようなことが要求されています。 PRPを選定及
corydoras2007 01 26 29

前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.2 項「前提条件プログラム(PRPs)」 7.2.2項においては、以下のようなことが要求されています。 PRPsは.以下
corydoras2007 01 25 13

前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.2 項「前提条件プログラム(PRPs)」 7.2.1項においては、以下のようなことが要求されています。 組織は 次の事
corydoras2007 01 24 19

安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000
ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」: 7.1 項「一般」においては、以下のようなことが要求されています。 組織は,安全な製品の実現に必要なプロセスを
corydoras2007 01 23 01

ISOの窓のTOPへ