ISO22000/文書化一般(4.2.1):ISOの窓

HOME >> 4要求事項/4項, ISO22000 >> ISO22000/文書化一般(4.2.1)

2006年12月16日

ISO22000/文書化一般(4.2.1)

ISO22000:2005規格の4.2項「文書化に関する要求事項」:

4.2.1項「一般」においては、以下のようなことが要求されています。

以下をFSMSの文書に含めること。

  1. 食品安全方針および目標(ref5.2項)

  2. ISO22000:2005規格が要求する”文書化された手順”および"記録”

  3. FSMSの有効な構築、実施、更新などのための組織で規定する文書

ここの文書の定義に関する箇所は、ISO9001:2000規格の4.2.1項と近似している。

1.食品安全方針は、5.2項の要求とも合致させた組織全体を統括して事業目的に向けての食品安全に関する組織の固有の経営方針。また食品安全目標は、方針に沿った具体的で測定可能な目標で、組織挙げて取り組むべき内容を含むもの。

2.ISO22000:2005での文書化された手順の要求は,以下の要求項目となります。

  • 4.2.2:文書管理の手順
  • 4.2.3:記録の管理
  • 7.6.5:モニタリングが許容限界を逸脱した場合の処置
  • 7.10.1:修正
  • 7.10.2:是正処置
  • 7.10.4:回収
  • 7.4.1:内部監査

またISO22000:2005規格で文書化が要求されている箇所は,次の要求事項になります(「ISOの窓」ブログの文書の作成を読む

またISO22000:2005規格で記録の作成が要求されている箇所は,次の要求事項になります。(「ISOの窓」ブログの記録の作成を読む

3.FSMSの構築、実施、更新などを有効に実施するために組織が規定する文書としては、組織の規模、種類、プロセス等の複雑さ、要員の力量等に依存する。規定類、要領書、一般衛生管理手順書、作業指示書、仕様書、図面などがこれに相当します。

また文書(記録)の媒体は、紙だけでなく電子化でも良い。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【4要求事項/4項, ISO22000カテゴリーの関連記事】

4要求事項/4項 ・ISO22000/文書化一般(4.2.1)

投稿者 corydoras on 2006年12月16日 15:46

ISO22000/文書化一般(4.2.1)を最後までお読下さいましてありがとうございます。
ISO22000,文書化に関する要求事項、一般に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
ISO22000,文書化に関する要求事項、一般に関する記事をお持ちの方やISO22000,文書化に関する要求事項、一般関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓TOPへ