品質とは?:ISOの窓

HOME >> ISO9001 >> 品質とは?

2006年05月03日

品質とは?

品質」とは?

本来備わっている特性の集まりが,要求事項を満たす程度」とJISQ9000で定義されています。



これには、注記があって

(①:用語"品質”は、悪い、良い、優れたなどの形容詞とともに使われることがある。
 ②:"本来備わっている”とは、"付与された”とは異なり、そのものが存在している限りもっている特性を意味する。)とされています。




品質の語源を探ります。


漢字の語源をたどってみますと





」は、口が3つで衆人の意味。口は、祈りの際に用いた器で、品は、多くの祈りを併せて行うところに由来するそうです。
器も4つの口で同様の由来に関係するようです。区別・種類・品第のようにして、人の身分や性情について用いるようになってきたそうです。

(「しな、もろもろ、いろいろのもの。たぐい、がら、たち、いろ。わかつ、しわけ。かず、しなごと、みな。のり、さだめ、すぐれる、ひとしい。」などの意味で使われてきたようです。)


」は、二斤(きん)(手おの)+貝(は、もともと鼎(かなえ))で手おので鼎に銘刻を加える意で、重要な契約や盟誓の辞などを記したことに由来するそうです。
鼎は、食物を煮炊きするための容器ですが、宝器、神器の意で、国家権力の象徴の宝もの入れの意味のようです。

(「なる、なす、さだめる、鼎に銘刻して約する。ただす、約に従って事の正否をただす、たしかめる。よい、ただしい、あたる、まこと。すなお、つつしむ、よい。もと、ことのもと、本質、材質。かる、抵当物を入れてかる、しち、しちにおく、保証とする、てがた、わりふ。」などの意味で使われてきたようです。)





英語では、



品質は、qualityですが、これはラテン語のqualitasが語原になります.
このことばは「どんな」という意味の形容詞 qualis("of what sort”の意味)に由来するようです.-itasは形容詞を名詞に変える接尾語になるそうです.
これはキケロがギリシャ語のpoiotesの訳として造語したといわれています.「どんなようなの?」くらいの意味から始まっているようです。



ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO9001カテゴリーの関連記事】

QC工程表
品質とは?

投稿者 corydoras on 2006年05月03日 17:55

品質とは?を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/80

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ