モニタリング及び測定の管理(8.3)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(8項) >> モニタリング及び測定の管理(8.3)/ISO22000

2007年04月11日

モニタリング及び測定の管理(8.3)/ISO22000

ISO22000:2005規格の8項「食品安全マネジメントシステムの妥当性確認検証及び改善」:

8.3項「モニタリング及び測定の管理」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。


この要求事項の解説:

この要求事項は、 ISO9001:2000規格の7.6項「監視機器及び測定機器の管理」とほぼ同様な内容になっています。

ISO22000:2005において、モニタリングは、「管理手段が意図したとおりに動作しているかどうかを判定するために、計画された一連の観察または測定を実施すること」(3.12)と定義されていますので、モニタリング及び測定について故障や狂いがないことを確実にしておくことを要求しています

ポイントとしては、「計測器の国家規格または国際規格へのトレーサビリティ」、「校正の識別、保護、記録の保持」、「機器に不適合があった場合の妥当性の確認の実施」などの要求が規定されています。

校正については、国際又は国家計量標準がある場合には、外部校正機関に依頼し、トレーサビリティ体系図などを入手しておくことも良い方法。標準がない場合には、校正や検証に用いた基準についての記録を残しておくことが必要。

校正についての概念は、複雑で、プロセスの種類や機器の種類、さらにそれがどの程度校正外れを起こしやすいかなどによって異なります。

温度計と金属探知機は、食品工業で良く用いられ、以下の例のように校正して用いられる。

温度計の校正は、①温度計の種類、②必要とされる精度、③温度計が動作する温度範囲などによって異なる。

温度計は、国際又は国家計量標準にトレース可能な計量標準(標準温度計)に照らしてチェックされるのが望ましい。電子温度計は、調整できるが、水銀温度計は、標準温度計に対する偏差によって標識を示していくのが望ましい。通常は、1年か、2年に1回の校正で十分と思われる。

金属探知機は、そのサイトに適した既存の構造、質量、鉄のなどの内容の金属ダミーを用いて検証され、校正される。

金属探知機についての検証と校正の頻度は、探知機の安定性やモニタされる製品の変化(例えば湿度)等により温度計よりは、実質的にずっと高い頻度で行われる必要がある。

最適の校正頻度は、モニタリング機器の種類、条件、履歴などによる。

ISO/IEC17025:2005(JISQ17025:2005「試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項」)規格は、相互較正の調査や他の・試験所・校正機関の品質保証の技術についての更なる指針として参考になります。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(8項)カテゴリーの関連記事】

食品安全マネジメントシステムの更新(8.5.2)/ISO22000
継続的改善(8.5.1)/ISO22000
検証活動の結果の分析(8.4.3)/ISO22000
個々の検証結果の評価(8.4.2)/ISO22000
内部監査(8.4.1)/ISO22000
モニタリング及び測定の管理(8.3)/ISO22000
管理手段の組合せの妥当性確認(8.2)/ISO22000
食品安全マネジメントシステムの妥当性確認.検証及び改善:一般(8.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年04月11日 14:35

モニタリング及び測定の管理(8.3)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
モニタリング及び測定の管理に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
モニタリング及び測定の管理に関する記事をお持ちの方やモニタリング及び測定の管理関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/148

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ