トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(7項) >> トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000

2007年02月28日

トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000

ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」:


7.9項「トレーサビリティシステム」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。


この要求事項の解説:

この要求事項は、製品ロット及びその原料のバッチ、加工及び出荷記録との関係を特定できるトレーサビリティシステムを確立することが要求されています。トレーサビリティシステムは、食の安全を安心につなぐツールとしての位置づけになります。

トレーサビリティシステムでは、直接の供給者から納入される材料及び最終製品の第一の搬入先まで明確にすることが要求されています。

トレーサビリティシステムに関する記録の保管期間は、安全でない可能性がある製品の取扱を可能にするためのシステムの評価と製品回収の場合(システムの判定、不適合の管理、回収)のために、規定された期間維持することが求められ、また、法規制或いは、顧客要求事項に従うことが要求されています。

国内では、トレーサビリティに関する法規制では、2003年12月1日から「牛の個体識別のための情報管理及び伝達に関する特別措置法」(通称:牛肉トレーサービリティ法)が施行されています。

この関連は、農水省の「トレーサビリティ関係」のウェブサイトで詳しく解説しています。

トレーサビリティを確保するため、製品ロット、製造加工に関するプロセスの記録、原料・材料のバッチ出荷記録などについて後から遡及できる記録の管理が必要になります。

またトレーサビリティシステムを構築する際に、原材料の種類やその数、製品の再使用、製品に接触する包装材料、連続生産のバッチなどのシステムの複雑さに影響する組織の活動を考慮しておくことが推奨されます。

また組織は、回収することが必要な安全でない製品を確実に特定できるようにトレーサビリティシステムを構築するよう考慮しておくことが推奨されます。

より詳細なトレーサビリティのガイドラインについては、ISO22005規格(2007年発行予定:「飼料及びフードチェーンにおけるトレーサビリティ-システム設計・開発のための一般原則及び指針」)で示される予定です。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(7項)カテゴリーの関連記事】

回収(7.10.4)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
是正処置(7.10.2)/ISO22000
修正(7.10.1)/ISO22000
トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
意図した用途(7.3.4)/ISO22000
最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年02月28日 00:22

トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
トレーサビリティシステムに関するトラックバックやコメントを受け付けています。
トレーサビリティシステムに関する記事をお持ちの方やトレーサビリティシステム関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/139

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ