管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(7項) >> 管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000

2007年02月14日

管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000

ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」:
 
7.4 項「ハザード分析」:

7.4.4項「管理手段の選択及び判定」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。


この要求事項の解説:

7.4.3のハザード評価で管理が必要と判断したハザードについて、許容水準を逸脱しないために、予防、除去又は低減できる管理手段の組合せを選択することが求められています。ここの管理手段の組み合わせとは、一つのハザードについて、それを予防、除去又は低減できる管理手段で、必要な管理手段としては、一つの場合も、複数の管理手段を組み合わせる場合もあります。(例えば、温度、時間、濃度、頻度)

理手段については、すでに7.2.3項、7.3.3.1項のa)、d)、e)、f)、7.3.3.2項のb)からg)、7.3.5.1項、7.3.5.2項などで示された中から選択することになります

管理手段は、7.3.5.2項の「工程の段階及び管理手段の記述」において食品安全に影響する可能性のある管理手段として規定された管理手段の中から選択し、ハザードに対する有効性の判定を行うことが求められています。

選択した各管理手段は、上記のa)~g)の各項目を考慮し、オペレーションPRPとHACCPプランに分類することが必要です

8.2項「オペレーションPRP及びHACCPプランに組みこむ管理手段の実施に先立って、及び管理手段のいずれかの変更後に、組織は次の事項のバリデーション行うこと」が求められています
 このように管理手段の組み合わせが目的とする管理レベルを達成できるかどうかをバリデーションすることが求められているのでそのような実現性がなければ、管理手段の組み合わせを修正することが必要になります。
 なおバリデーションは、「客観的証拠を提示することによって、特定の意図された用途又は適用に関する要求事項が満たされていることを確認すること」ですから管理手段について、オペレーションPRP及びHACCPプランに組みこむ管理手段の実施に先立って客観的証拠を提示することによって、特定の意図された用途又は適用に関する要求事項が満たされていることをここで確認されることになります。 すなわち予備実験などで管理手段によって許容水準までハザードが管理できることを確認しておくことが必要です。このバリデーションができなければ、管理手段は、HACCPプラン又はOPRPではなく、PRPによる管理が適用されることになります

選択した各管理手段オペレーションPRPとHACCPプランに分類するプロセスについては、文書化し、判定の結果を記録に残すことが求められています。

管理手段については、極力、オペレーションPRPで管理し、ごく一部のみHACCPプランで管理されるのが推奨される。

HACCPプランで管理するのは、管理手段のハザードレベルや発生の頻度に対する影響が大きければ、大きいだけHACCPプランで管理するのが望ましいことになります。ハザードの消費者への健康被害が大きければ大きいほどHACCPウランで管理するのが望ましいことになります。さらにモニタリングの必要性が高ければ、HACCPプランで管理することになります。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(7項)カテゴリーの関連記事】

回収(7.10.4)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
是正処置(7.10.2)/ISO22000
修正(7.10.1)/ISO22000
トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
意図した用途(7.3.4)/ISO22000
最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年02月14日 00:26

管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
管理手段の選択及び判定に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
管理手段の選択及び判定に関する記事をお持ちの方や管理手段の選択及び判定関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/130

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ