ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(7項) >> ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000

2007年02月08日

ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000

ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」:
 
7.4 項「ハザード分析」:

7.4.2項「ハザードの明確化及び許容水準の決定」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。

<7.4.2.1項>


この要求事項の解説:

ここでは、発生することが懸念されるすべてのハザードを明確にすることが要求されています。ハザード分析を可能にするための準備段階で、製品の特性(原料、成分及び製品に接触する材料や最終製品の特性)、意図した用途、さらには、それらの製品の生産工程及びその工程、処理施設等で実施されている管理手段を明確にし、すべてのハザードをリストアップする。さらにその結果を記録することが求められています。

7.4.2.1項では、

a)l項で、7.3.3.1項「原料、成分及び製品に接触する材料に関する情報」、7.3.3.2項「最終製品の特性」、7.3.4「意図した用途」、7.3.5.1「フローダオアグラム」、7.3.5.2項「エ程の段階及び管理手段の記述」などの情報に基づきます

b)項の経験は、組織の要員や食品安全チームメンバーの食品安全に関する経験に基づく知識になります。

c)項は、生物学的、化学的、物理的ハザードに関する文献や保健所やその他書籍などからの科学的な情報ということになります。また過去の食品事故の情報なども反映することを求めています。

d)項は、フードチェーンの上流側からは、原料などの食品安全情報、下流側からは、クレーム情報などです。

食品安全ハザードについてそれが混入する段階を明確にすることが求められています。

7.4.2.2項では

ハザードを明確にするために以下を考慮することが要求されています。

a) 規定された作業の前後の段階
b) 工程で用いる機器 ユーティリティ/サービス及び周辺の環境
c) フードチェーンの前後の関係


4.4.2.3項では、フードチェーンの次の段階で食品安全を確保するために、その製品の固有のハザードの水準を決定することが要求されています。また決定するハザードの許容水準について、確立された法令・規制要求事項、顧客の食品安全要求事項,顧客による意図した用途及びその他の関連データを考慮して決定しておくことが要求されています。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(7項)カテゴリーの関連記事】

回収(7.10.4)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
是正処置(7.10.2)/ISO22000
修正(7.10.1)/ISO22000
トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
意図した用途(7.3.4)/ISO22000
最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年02月08日 09:40

ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
ハザードの明確化及び許容水準の決定に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
ハザードの明確化及び許容水準の決定に関する記事をお持ちの方やハザードの明確化及び許容水準の決定関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/128

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ