フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(7項) >> フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000

2007年02月05日

フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000


ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」:

7.3 項「ハザード分析を可能にするための準備段階」:

7.3.5項「フローダイアグラム、エ程の段階及び管理手段」:

7.3.5.1項「フローダイアグラム」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。


この要求事項の解説:

この要求事項は、Codex委員会のHACCP手順の4「製造工程一覧図の作成ほか」に相当します。

フローダイアグラムは、各原材料の受入から始まって製品の出荷に至るまでの時系列的な流れの順序に行われる作業や工程を列挙してその工程のつながりが分かるような製造工程図としてまとめたフロー図になります

このフローダイアグラムを作成する目的は、ハザード分析をおこなうためで、食品安全ハザード(生物学的、化学的、物理的)の発生、増大、持込みなどが評価できるようにということです。それに関わる情報に特に注意した上で、製品又は工程の種類ごとに作成します。

フローダイアグラムには、以下の点を含めて管理手段や管理値の記述も含めて作成します。

a)作業についての全ての段階の順序や相互関係

b) 外部委託している作業と工程

c) 原料、成分、加工助剤、包装材料などとそれがフローで投入される箇所

d) 再加工(還元、戻し)、再利用(再包装)などが行われる箇所

e) (最終)製品,中間製品,副産物及び廃棄物などが引き渡されたり、移動したりする箇所

作成されたフローダイアグラムは、7.8項「検証プラン」により、食品安全チームにより現場確認を通して検証され、、記録として維持することが要求されています。

この現場確認によって、フローダイアグラムの正確さを検証することは、Codex委員会のHACCP手順の5「現場検証」に対応しています。この際には、施設の図面、標準作業手順書などが併せて必要です。あとのハザード分析で、交差汚染などを確認する上でも施設図をフローダイアグラムと併せて作成しておくことが必要です

施設図には、物(原料、成分、最終製品など)と人の流れ(更衣室、手洗い、食堂など)が分かるように作業場のゾーンなどを平面図として作成します。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(7項)カテゴリーの関連記事】

回収(7.10.4)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
是正処置(7.10.2)/ISO22000
修正(7.10.1)/ISO22000
トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
意図した用途(7.3.4)/ISO22000
最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年02月05日 00:53

フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
フローダイアグラムに関するトラックバックやコメントを受け付けています。
フローダイアグラムに関する記事をお持ちの方やフローダイアグラム関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/125

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ