安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(7項) >> 安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

2007年01月23日

安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000


ISO22000:2005規格の7項「安全な製品の計画及び実現」:

7.1 項「一般」の要求事項の詳細については、日本規格協会の対訳本などをご参照下さい。


この要求事項の解説:

 ISO22000規格では、組織がFSMSを構築するのに活動的で体系的なプロセスアプローチの手法を用いることを要求しています。これは、計画した活動を有効に構築し、運用し、モニタリングすること、管理手段の見直しと検証、食品製造工程と製造環境の更新、不適合品が発生した際の適切な是正処置などを通して行われます。

 ISO22000規格の7項は、PDCAのサイクルのP(計画)とD(実行)を、8項は、C(監視)とA(是正)を規定しています。システムの維持と改善は、7項と8項で要求される計画、妥当性確認モニタリング更新の幾つかのサイクルで規定されています。

システムを実行していく中でシステム変更が7項8項のどちらからでも行えます。

 ISO22000では、伝統的な管理手段の概念をFSMSを論理的に構築し、運用し、管理できるように二つのPRPと重要管理点(CCP)が適用される管理手段とに分割して再構築しています。

管理手段は、以下の3つのグループに分割されています。

  • 基本条件と活動を管理するためのPRPs(前提条件プログラム):特定のハザードを管理する目的ではなくて、衛生的な製品、製造、操作条件などを維持する目的で必要とされる。(7.2項参照)
  • ハザード分析により管理が必要とハザードを許容レベルに管理するのに必要と判断されたが、HACCPプランとは、別に管理するとしたものであるOPRPオペレーションPRP)。
  • ハザード分析によりハザードを許容限界内に管理する必要があり、重要管理点(CCP)により管理すると決められたHACCPプラン

 このような管理手段のカテゴリー化によって、結果的に製品の取り扱いを含めて、不適合の取扱や、妥当性確認モニタリング検証などの面でもそれぞれのグループごとに異なる管理手法を容易に適用することができることになっています。

この安全な製品の計画においての中核となるのは、7.4.3項のどのハザードが管理する必要があるかを決める『ハザード評価』と7.4.4項のハザードに対して許容水準への低減ができる管理手段の組み合わせを選択する『管理手段の選択と評価』と更には、『ハザード分析を可能にする準備段階』7.3項などになります。

 安全な製品の計画及び実現のフローは以下のようなものになります。図で○で記載している数字は、Codexの12手順の番号になります。また黄色で示している部分がISO22000で固有の内容ということになります。

plannnigoffoodsafety.gif

 ハザード分析によって、適切な管理手段を決め、それぞれ、HACCPプランにより管理されるものとオペレーションPRPで管理されるものとに分類し、結果的にその管理手段がどのように実行され、モニタリングされ、検証され、更新されるかという以降の詳細な規定(7.5l項から7.8項まで)を決めるようなことになります。

ISO22000の7.2項から7.8項までの要求事項に適合するように規定された管理手段の組み合わせを構築するのに外部の専門家を組織で用いることもできます。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(7項)カテゴリーの関連記事】

回収(7.10.4)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:不適合製品の処理(7.10.3.3)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:リリースのための評価(7.10.3.2)/ISO22000
安全でない可能性がある製品の取扱い:一般(7.10.3.1)/ISO22000
是正処置(7.10.2)/ISO22000
修正(7.10.1)/ISO22000
トレーサビリティシステム(7.9)/ISO22000
検証プラン(7.8)/ISO22000
PRP及びHACCPプランを規定する事前情報並びに文書の更新(7.7)/ISO22000
モニタリング結果が許容限界を逸脱した場合の処置(7.6.5)/ISO22000
重要管理点のモニタリングのためのシステム(7.6.4)/ISO22000
重要管理点の許容限界の決定(7.6.3)/ISO22000
重要管理点(CCP)の明確化(7.6.2)/ISO22000
HACCPプラン(7.6.1)/ISO22000
オペレーションPRP(PRPs)の確立(7.5)/ISO22000
管理手段の選択及び判定(7.4.4)/ISO22000
ハザード評価(7.4.3)/ISO22000
ハザードの明確化及び許容水準の決定(7.4.2)/ISO22000
ハザード分析:一般(7.4.1)/ISO22000
エ程の段階及び管理手段の記述(7.3.5.2)/ISO22000
フローダイアグラム(7.3.5.1)/ISO22000
意図した用途(7.3.4)/ISO22000
最終製品の特性(7.3.3.2)/ISO22000
原料、成分及び製品に接触する材料(7.3.3.1)/ISO22000
食品安全チーム(7.3.2)/ISO22000
ハザード分析を可能にするための準備段階:一般(7.3.1)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.3)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.2)/ISO22000
前提条件プログラム<PRP>(7.2.1)/ISO22000/
安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年01月23日 00:01

安全な製品の計画及び実現:一般(7.1)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
安全な製品の計画及び実現に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
安全な製品の計画及び実現に関する記事をお持ちの方や安全な製品の計画及び実現関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/167

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ