力量、認識及び教育・訓練(6.2.2)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(6項) >> 力量、認識及び教育・訓練(6.2.2)/ISO22000

2007年01月18日

力量、認識及び教育・訓練(6.2.2)/ISO22000

ISO22000:2005規格の6項「資源の運用管理」:

6.2項「人的資源」:

6.2.2項「力量、認識及び教育・訓練」の要求事項の詳細については、日本規格協会の対訳本などをご参照下さい。

この要求事項の解説:

この要求事項の内容は、一部は,FSMSに独自の内容もありますが、ISO9001:2000規格の6.2.2項と近似した要求内容となっています。

先ず
a)項では、組織において食品安全に影響する活動をする要員にどのような業務遂行のための力量が求められるのか明確にすることが求められています。現在の要員が備えている力量と将来の事業の展開の中で、食品安全の観点において、求められる力量はどのようなものかを明らかにします。

b)項では、a)において明確にされた力量(業務遂行能力)に対して、現状と将来像との比較において、力量の面で不足していると判断される部分。すなわち、組織において、人材面で薄いと判断される力量について、その力量がもてるように教育・訓練または、その他の処置をとります。その他の処置としては、力量を備えた人材の新規採用や専門家の顧問契約、組織内での人材のローテーション、外部の専門組織への委託(アウトソーシング)などの方法が挙げられます。

上記の要求項のなかでc)、f)項は、FSMSの固有の要求事項になります。

c)項では、とくに組織において、モニタリング修正及び是正処置を担当する要員については、必要な教育・訓練を行なうことを求めています。

d)項では、上記のa)、b)、c)の実施状況及びその有効性について評価することを求めています。有効性は、”計画した結果が達成された程度”と定義されていますので、a),b)、c)で意図したことが目的通り達成されたかどうかを評価することになります。

e)項は、組織の要員が食品安全に与える自らの活動の意味と重要性を確実に認識できるようにすることが求められています。これは、FSMSの活動の総合的な象徴のような内容になります。

f)項は、組織内で有効なコミュニケーションを行なう5.6項の(外部、内部コミュニケーションの)要求事項が組織の全員に理解されていることが求められています。

g)項では、b)項の教育・訓練およびその他の処置ならびにc)項のモニタリング修正及び是正処置を職務で行なう要員に対する教育・訓練についての個々の適切な記録を作成し、維持することが求められています。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(6項)カテゴリーの関連記事】

作業環境(6.4)/ISO22000
インフラストラクチャー(6.3)/ISO22000
力量、認識及び教育・訓練(6.2.2)/ISO22000
人的資源:一般(6.2.1)/ISO22000
資源の提供(6.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2007年01月18日 00:47

力量、認識及び教育・訓練(6.2.2)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
力量認識及び教育・訓練に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
力量認識及び教育・訓練に関する記事をお持ちの方や力量認識及び教育・訓練関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/164

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ