責任及び権限(5.4)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(5項) >> 責任及び権限(5.4)/ISO22000

2006年12月26日

責任及び権限(5.4)/ISO22000

ISO22000:2005規格の5項「経営者の責任」:

5.4項「責任及び権限」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。

この内容は,ISO9001:2000規格の5.5.1項とよく似た内容になっています。

トップマネジメントが、FSMSに関わる責任・権限を定め、それを組織内で周知しておくことが要求されています。

周知ですから伝達しただけでなく、組織内の各要員にその責任・権限の規定が認識されていることが必要です。

この要求は、文書化の要求はありませんが、一般には、マニュアルへの「食品安全管理組織図」といったものへの記載や「職務分掌権限表」(マトリックス図)などで明確にします。 

とりわけ、前記の規定の中に、食品安全に関わるFSMSで発生した問題について決められた人に必ず報告することの責任と、その問題の処置に際して、誰がその責任者で、それに関わる記録の作成、承認等は、だれの責任権限にて管理するのか等を確実に明確にしておくことが要求されています。

 これは、職務分掌権限表のマトリックス図で縦軸にFSMSの規定要求事項項番号を横軸に組織の部門や責任者を挙げてどの要求事項の主幹責任は、どの責任者でどの問題が発生した場合には、誰に報告され、記録の作成は、誰が責任があるのかが明確になります。(例えば、報告義務:○、問題の着手責任:●、記録の作成・維持の責任◎などと記載しておくと明確になります)

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(5項)カテゴリーの関連記事】

レビューからのアウトプット(5.8.3)/ISO22000
レビューへのインプット(5.8.2)/ISO22000
マネジメントレビュー:一般(5.8.1)/ISO22000
緊急事態に対する備え及び対応(5.7)/ISO22000
内部コミュニケーション(5.6.2)/ISO22000
外部コミュニケーション(5.6.1)/ISO22000
食品安全チームリーダー(5.5)/ISO22000
責任及び権限(5.4)/ISO22000
食品安全マネジメントシステムの計画(5.3 )/ISO22000
食品安全方針(5.2 )/ISO22000
経営者のコミットメント(5.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2006年12月26日 14:34

責任及び権限(5.4)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
責任及び権限に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
責任及び権限に関する記事をお持ちの方や責任及び権限関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/102

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ