食品安全方針(5.2 )/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(5項) >> 食品安全方針(5.2 )/ISO22000

2006年12月22日

食品安全方針(5.2 )/ISO22000

ISO22000:2005規格の5項「経営者の責任」:

5.2項「食品安全方針」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。

トップマネジメントが、食品安全方針を定め、組織内で周知することがその責任として要求されています。

どこの組織においても食品安全方針が、その組織の食品安全に関わる最上位の憲法のような位置づけになります

a)項では、当たり前のことですが、食品安全方針の内容が、組織のフードチェーン内での役割・位置づけに見合った内容となっていることが求められています。

b)項では、食品安全方針の内容が法令・規制要求事項ならびに相互に合意した顧客要求事項と適合していることが要求されています。

c)項では、食品安全方針が、組織のすべての階層の人に周知され、実施され、見直しされることが求められています。

d)項では、マネジメントレビューにおいて、食品安全方針の適切性を見直すよう要求されています。適切性は、食品安全方針が、食品安全の目的にかなっているかどうか状況が変化してきていないかの観点からの見直しを求めています。5.8.3 d)項において「レビューからのアウトプット」として『食品安全方針及び関連する目標の改定』の是非についての検討結果を織り込むことが求められています。

e)項では、外部コミュニケーション内部コミュニケーションについて食品安全方針の中でしっかりと相互に連携する仕組みを確立しておくことが結果的に消費者からの食品安全の信頼を得る重要なポイントであるとの思想に基づきます。

f) 項では、FSMSの取り組みの成果が判定できる目的や目標がこの方針で明確に定義づけされていることが要求されています。組織においてFSMSのどの面に焦点を当てて、目標として取り上げて活動するかが具体的に規定されていることが望ましい。例えば、リコールの事故件数の削減などの内容になります。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(5項)カテゴリーの関連記事】

レビューからのアウトプット(5.8.3)/ISO22000
レビューへのインプット(5.8.2)/ISO22000
マネジメントレビュー:一般(5.8.1)/ISO22000
緊急事態に対する備え及び対応(5.7)/ISO22000
内部コミュニケーション(5.6.2)/ISO22000
外部コミュニケーション(5.6.1)/ISO22000
食品安全チームリーダー(5.5)/ISO22000
責任及び権限(5.4)/ISO22000
食品安全マネジメントシステムの計画(5.3 )/ISO22000
食品安全方針(5.2 )/ISO22000
経営者のコミットメント(5.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2006年12月22日 16:31

食品安全方針(5.2 )/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
食品安全方針に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
食品安全方針に関する記事をお持ちの方や食品安全方針関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/100

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ