記録の管理(4.2.3)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(4項) >> 記録の管理(4.2.3)/ISO22000

2006年12月18日

記録の管理(4.2.3)/ISO22000

ISO22000:2005規格の4.2項「文書化に関する要求事項」:

4.2.3項「記録の管理」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。

この記録の管理についてもISO9001:2000規格の4.2.4項およびISO14001:2004規格の4.5.4項とほぼ同様の内容になっています。

ISO22000の場合には、とくに食品安全に関わる問題が発生した際にも、食品の製造工程の「HACCPプラン」や「オペレーションPRPOPRP)」は,果たして管理状態が維持されていたか等を立証できるためにも記録の追跡性(トレーサビリティ)を管理しておくことが重要です。

特に記録の保持については、フードチェーンに関わる製品のシェルフ・ライフ(保持期限)、法令・規制要求事項、顧客の要求、製品の意図する用途、FSMSの検証妥当性確認などの点も考慮した上で決めることが必要です。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ

【ISO22000, 要求事項(4項)カテゴリーの関連記事】

記録の管理(4.2.3)/ISO22000
文書管理(4.2.2)/ISO22000
文書化一般(4.2.1)/ISO22000
一般要求事項(4.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2006年12月18日 20:08

記録の管理(4.2.3)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
記録の管理に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
記録の管理に関する記事をお持ちの方や記録の管理関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/98

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ