文書管理(4.2.2)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(4項) >> 文書管理(4.2.2)/ISO22000

2006年12月18日

文書管理(4.2.2)/ISO22000

ISO22000:2005規格の4.2.2項「文書管理」においては、以下の内容が要求されています。


ここでは,FSMSにおける文書管理について規定しています。

記録は、文書の1種ですがその特質が異なることから別途4.2.3項で規定しています。

文書管理の中で、文書の変更案については、その制定前にFSMSへの効果と影響の観点から、確実にレビューすることを要求しています。(この項目は、FSMSに独自の内容です。)

また文書管理については、以下のa)からg)の項目について”文書化した手順”の作成を要求しています。

この内容は、ISO9001:2000規格の4.2.3項やISO14001:2004規格の4.4.5項で規定される文書管理と同様の内容になっています。

a) 発行前の適切かを確認しての文書の承認
b) 文書の見直し、必要に応じた更新、再承認
c) 変更、現在の改訂版の識別
d) 配布管理と最適版(最新版)管理
e) 読みやすく、識別できる
f) 外部文書の明確化と配布管理
g) 廃止文書の誤使用の排除。それを保存する場合の適切な識別

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(4項)カテゴリーの関連記事】

記録の管理(4.2.3)/ISO22000
文書管理(4.2.2)/ISO22000
文書化一般(4.2.1)/ISO22000
一般要求事項(4.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2006年12月18日 17:19

文書管理(4.2.2)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
文書管理に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
文書管理に関する記事をお持ちの方や文書管理関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/97

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ