一般要求事項(4.1)/ISO22000:ISOの窓

HOME >> ISO22000, 要求事項(4項) >> 一般要求事項(4.1)/ISO22000

2006年12月15日

一般要求事項(4.1)/ISO22000

ISO22000:2005規格の4.1項「一般要求事項」においての要求事項の詳細は、日本規格協会の対訳本をご参照下さい。

食品安全マネジメントシステムについて、以降FSMSと略記します。

この要求項では、以下の点が要求されています。

① FSMS全体について、「効果的なFSMSの構築、文書化、実施、維持、更新すること」が要求されています。

適用範囲については、FSMSの中に含まれる製品または、製品分類、工程及び生産場所などが明確に特定されることを求めています。適用除外は、認められていません。小規模な組織においては、外部で作成された管理手段の組合せを実施することは、認められています。

③以下の、4つの取組の事項を求めています。
a):ハザード分析のための情報の収集に基づき、ハザード分析を実施し、その結果、PRP、OPRP、HACCPプランに基づく、管理システムの構築(7項「安全な製品の計画及び実現」に関する要求を総括して要求しています。
b):外部コミュニケーションの要求(5.6.1項)
c):内部コミュニケーションの要求(5.6.2項)
d):FSMSに関するPDCAのCAに相当する活動(8項「食品安全マネジメントシステムの妥当性確認検証および改善」)を要求しています。

④さらに最終製品において食品安全に懸念をもたらすプロセスを外部に委託(外注)している場合には、7.3.5.1b)の「フローダイアグラム、工程の段階及び管理手段」『アウトソースした工程及び下請負作業』の要求にしたがってフローダイアグラムにて明確にしなければならない。以降、ハザード分析ほかの一連の対応が必要になります。

ソーシャルブックマーク
 append.gif append.gifYahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数人が登録 news.gif add-16.gif clip_16_16_w.gif newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【ISO22000, 要求事項(4項)カテゴリーの関連記事】

記録の管理(4.2.3)/ISO22000
文書管理(4.2.2)/ISO22000
文書化一般(4.2.1)/ISO22000
一般要求事項(4.1)/ISO22000

投稿者 corydoras on 2006年12月15日 11:41

一般要求事項(4.1)/ISO22000を最後までお読下さいましてありがとうございます。
一般要求事項に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
一般要求事項に関する記事をお持ちの方や一般要求事項関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/95

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


ISOの窓のTOPへ